· 

超過死亡がトレンド入り

あなたは気付き始めた1人でしょうか?

 

人間には生まれ持った生命エネルギーがあり、その生命エネルギーが尽きたときに今世を終えることになります。

 

どのような今世の終え方をするかは、宿命が大いに関係しています。

 

前世からのカルマや今世で新たに創り出したカルマ、そして今世でどれくらいカルマを解消したかで

【穏やかな人生の終盤】を過ごすか【怒濤のカルマ解消の終盤】を過ごすかが決まってきます。

 

カルマの問題はどのような力を持ってしても、解決出来るのは自分自身しかいません。

自分で創ったカルマは自分でしか解消できないからです。

 

さて、ここ数日「超過死亡」という言葉が世間で飛び交っているようです。

トレンドにも上がり、ネットニュースにもなっています。

 

東洋経済新報社の記事によると、超過死亡問題は一年前から問題になっていたようです。

 

「日本の超過死亡数は11万1000人と推定され、確認されたコロナによる死者1万8400人の6.0倍だった。この数字は、経済協力開発機構(OECD)加盟38カ国中で最大だった。つまり、日本の超過死亡の多さは、2021年末の段階ですでに問題だったのだ。」

 

超過死亡とは、死者の数が例年の水準にもとづく予測値に比べてどれだけ上回っているかを示す指標のことを指します。

 

増加の要因として、新型コロナによる直接死の他には、医療逼迫の影響で新型コロナ以外のあらゆる疾患で亡くなったり、様々な行動規制や生活習慣の大きな変化が影響して持病が悪化や精神的ストレスなどが急増したり、経済的な困窮によって自殺したりするなど様々な要因があると思われるが、これらは結局は全て新型コロナにまつわる要因です。

 

自殺そのものは、本来生命エネルギーが残っているにもかかわらず、自分で今世を終わらせようとする最悪の運命の選択であり、本来生まれ持った生命エネルギーの消化のために、自殺後の方が長く辛い今世を送ることになるのでやめておいた方が好いと心底思います。

 

また、様々な行動規制や生活習慣の大きな変化は、2012年から始まっている宇宙のアセンション(次元上昇)の周期による変化で起きている出来事で

 

バブル期頃から始まった不動産やブランド品など物質に依存する【物質世界】の時代

↓ ↓ ↓

風の時代と呼ばれる目に見えない仮想世界や「心の癒やし」など精神的な部分を重要視する【精神世界】の時代

 

への次元上昇だ。これらは現在進行形であり今後も更に続いていくことになります。

 

物質依存の古い思考や価値観などをもった意識を捨て、移りゆく仮想世界や精神重視を受け入れる新たな意識への意識変容が起こせない限りは、今後もっともっと悲惨な未来が待っています。

 

目に見えるように変わりゆく変化に、本当はもうとっくに気付いているはずなのに、まさか未だに電子マネーの発展やジェンダーレス、オンラインでの仕事や娯楽、家を持たないアドレスホッパーなどを頑なに受け入れないなんてことはしていませんよね?

 

意識変容ができる人とできない人を段階的に選り分ける為の、人類の生き残り計画が着々と進んでいることをお忘れなく。

 

 

さて、「超過死亡」に話しを戻しましょう。

なぜ最近「超過死亡」が話題になっているのか?と言うと、ワクチン接種が関係しているのではないかという意見も多く出ているからです。

 

ワクチン接種を推進している側の人間が、ワクチンが要因の一つだとは認めないであろうことは容易に推測できるため、こじつけかどうかは置いておいて、政府によってワクチン接種祭りで賑わったのは事実です。

 

「政府の言いつけを守ってワクチンを3回接種して接種証明書を提出した人にはご褒美として旅行代金を支援してあげるね」

という人参をぶら下げて、世界中の政府の共同体(秘密結社)によって生み出された人類選別計画「グレートリセット」が推し進められています。

 

たった数万円の恩恵のために、自分自身の生体エネルギー場をガンガン壊して自分の人生の様々なエネルギーを下げ、人生を壊していくことを受け入れる人が沢山いるのも事実だが、ここにきて違和感を感じる人が増え始めワクチン接種を迷ったり辞めたりしている人が増えています。

 

ワクチンを何度か接種後 思いがけない副反応なのか、精神的な変化、好くない出来事などから、【なにかが変わった】と感じている人が多いのかもしれません。

 

何が変わったか?

見える人には見えているのが生体エネルギー場と呼ばれるオーラ。

 

ワクチンを接種した人とそうでない人とでは、生体エネルギー場に大きな違いがあります。

生体エネルギー場に取り憑き、人間のエネルギーを吸いとる意識体はほとんどの人に取り憑いていますが、その意識体による傷付き方と、ワクチン接種による生体エネルギー場の傷付き方は全く違います。

 

基本的には全ては宿命の範囲なのだが、ワクチン接種で運勢がガタ落ちし、残りの人生を宿命の底辺で生きていくことになっている人が世界中でどれだけいるのか、想像するだけでゾッとしてしまいます。

 

元々の生体エネルギー場の状態や宿命、生命エネルギーなど様々な要素があるため、1~2回しか接種していないという人が、3回、4回と接種をすすめた人よりはマシだとは一概には言えないません。

 

また、現時点で何の変化も感じていなかったとしても、変化を感じた時点では既にかなりやばい状態なのかもしれません。

 

既にワクチンを接種した人、今後も何かしらの事情によってワクチンを接種し続けなければいけない人も、なんとかワクチン接種による生体エネルギー場の傷を修復し、宿命の底辺を脱出、宿命の限界まで開運していきたいと言う人は、まずは「コロナワクチン接種による生体エネルギーの波動悪化を防御修復」するサイキックヒーリングを試してみると、宿命の底辺に向かっている人生との違いが分かるのかもしれない。

 

なんとなくワクチンに抵抗が生まれ始めたのは未来を知っている潜在意識の声が大きくなってきたからかもしれません