· 

人生の可能性を見いだす

 

一つ前の記事へ  次の記事へ

 

『ヒーリングを受けているのに好くない出来事が起きました。効果があるのか疑問に感じます。』

 

新年早々そんなメッセージを頂きました。

 

ヒーリングを受けていれば、何一つ悪いことが起きないわけではありません。

宿命的に起こる出来事は起こりますし、宿命的な怪我や事故、病気などにもかかります。

 

例えば宿命的な事故・・・。

これはただ事故を起こして怪我をするだけではありませんよね。

事故の相手とのやり取り、警察や保険会社、修理会社に病院の医師や看護師の方々、入院すれば同室の方など、多くの人と関わる事になります。

事故が起こることで、多くの人と関わり多くのカルマを解消する機会が生まれます。

事故を起こすことが宿命の場合は、事故は避けることが出来ませんが、事故を起こすことが宿命では無い場合は、事故を回避出来るかもしれません。そして、事故ではない ”他の出来事” を通して、事故を起こした時に関わるはずだった人々と、カルマを解消することになります。

 

私は交通事故を既に4回起こしています。

全て一方的にぶつけられてばかりです。

大きな後遺症こそありませんが、事故前のような軽い体ではなくなってしまったので、週に1~2回は鍼治療を受けています。

他にも、事故とは関係なく前世の関係で宿命的にその症状を受け入れるしかないようなこともあります。

 

それは、どれだけ強力なヒーリングを受けていても、どれだけ多くのヒーリングを受けていても、宿命なのでどうしようもありません。

上手く適応して共存しています。

 

それでも、宿命外かどうか分からないことで、やってみたいことや変えてみたい状況には、人生の可能性を見いだすべく強力なヒーリングを長期的に受けるようにしています。

 

 

 

 

 

ただ、何が宿命でどこまでが宿命の限界なのかは分からない段階で

 

『もしも彼女との関係が宿命外だったらお金を捨てることになるのは嫌なんです。』

『もしも起業することが宿命外だったら受ける意味がないから迷っています。』

 

というご相談も時々あります。

 

『もしも彼女との関係が宿命外だったらお金を捨てることになるのは嫌なんです。』

ということは、彼女との恋愛を成就させて、もしかしたら結婚することになり、何十年も幸せな日々を送ることになるかもしれない未来が、宿命かどうかに”掛けてみる価値”を感じないということですよね。

 

『もしも起業することが宿命外だったら受ける意味がないから迷っています。』

ということは、起業して大成功して自由気ままに仕事をして、休暇はゆっくりと海外で過ごすかもしれない未来が、宿命かどうかに”掛けてみる価値”を感じないということですよね。

 

もしも宿命外だったら10万円捨てることになる・・・。(実際は開運も同時に行っているので、捨てることにはなっていませんが・・・)

つまり、この方々にとっての願望は10万円を掛けてみる価値もない程度の願望ということになりますよね。

 

もしもこれが、命に関わることならどうでしょう。

治療が成功する確率が50%でも30%でも・・・例え10%でも掛けてみるのではないでしょうか?

 

確かに宿命的に叶うことと叶わないことがあります。

ですが、宿命的に100%理想通りに叶わなくても70%程度叶う場合もありますし、思いがけない方向へ進んだ結果、状況が好転する場合もあります。

宿命を変えることは出来ませんが、宿命の範囲内で最大限好い方向へと導かれる可能性もあるということです。

 

私達は毎日、一日中運命の選択をしています。

その運命の選択は、常に異なる未来の結果を導き出しています。

 

例えば、朝のたった一つの選択に一瞬迷ったことで、電車に乗り遅れた・・・なんてこともありますよね。

 

チャンスがやってきた瞬間に即行動に移した場合の未来の結果

チャンスがやってきた時に一晩考えてから行動に移した場合の未来の結果は異なります。

 

ヒーリングに「興味がある」と考えた瞬間にご依頼された場合の未来の結果と、数日間考えた末ご依頼された場合の未来の結果は異なります。

 

ヒーリングの効果でも同じ事が言えます。

恋愛成就ヒーリング愛のスイッチヒーリングなどを受けた効果によって

お相手の方と関係する機会が増えた時に、チャンスを掴みすぐ行動に移した場合の未来の結果と

お相手の方が明確に興味を示すまで待って、行動に移した場合の未来の結果は異なります。

 

それでもまだ宿命かどうか悩み考え抜いてから結論を出しますか?

 

あなたの宿命は、あなたが思っている以上に幸運に満ちあふれているのかもしれませんよ。

自分の人生の可能性を狭めているのは、あなた自身ではないでしょうか?

 

 

 

一つ前の記事へ  次の記事へ