· 

相手の潜在意識に働きかける方法

 

一つ前の記事へ  次の記事へ

 

自分の潜在意識に働きかける方法は、真偽はさておき様々なところで見かけますよね。

 

アファメーションなどはその代表的なものではないでしょうか?

アファメーションとは、音によって松果体を振動させる事で潜在意識へ願望などの書き込みを行うものです。

 

松果体とは目の奥の方の頭の中心部に存在しています。

 

 

自分自身で声を発すると、声の『音』が喉の奥まで繋がっている舌を振動させます。

 

これらの振動が肉や骨などから頭の中心部にある松果体まで伝わることで、潜在意識まで響きアファメーションが効果を発揮します。

 

つまり『耳』ではなく『舌』からの振動です

 

そのため、CDなどの音源を毎日何ヶ月も聞き続けたとしても、耳からでは鼓膜を小さく振動させるだけですよね。

それでは振動が松果体へ伝わることは考えにくいのではないでしょうか。

 

もちろん毎日のように何度も何度も聞き続ければ、習慣や常識が刷り込まれるようにある一定の効果が期待出来るかもしれませんが、自らの声を利用したアファメーションの方が遙かに効率が良いため、好きな相手の耳元で何百回アファメーションをしてみても、潜在意識に働きかけるのは難しいということです。

 

でも、なんとかして好きな相手や嫌いな相手、憧れの先輩など、相手の潜在意識に働きかける方法はないのでしょうか。

 

 

私たちの潜在意識は同調しあっています。

ですが、相手の潜在意識に直接的に働きかけようとすると、実際には相応の能力が必要になります。

訓練された催眠術師や霊能者などの能力に長けた人であれば、潜在意識に影響を与えられますが、潜在意識の奥深くまで影響を与えるのは容易ではありません。

強力な超能力者であれば話しは違いますが・・・。

 

それでもなんとか、相手の潜在意識に働きかけて恋愛を成就させたい!という人も諦めるのはまだ早い!

実はアファメーションの言葉にヒントがあります。

 

実際には相手の潜在意識に働きかけるというよりも、自分の潜在意識を通して相手にも変化を起こす方法になりますが、ご紹介しますね。

 

他人の変化を求めるアファメーションを行う場合、自分に対しても同じ内容でアファメーションを行うと、より早く変化が現れます。これは脳内機能の働き「ミラーニューロン」を利用するアファメーションです。

 

 

例えば、怒りっぽいパートナーに悩まされている場合などは、以下のように文言を唱えます。

 

「私、○○は、家族といると心安らぎ、リラックスして心穏やかになることができている。私、○○の夫△△も、家族といると心安らぎ、リラックスして心穏やかになることができている。」

※○○、△△には氏名を入れて下さい。

 

アファメーションの内容に、「自分自身も心穏やかになる…」という内容が入っていますが、他人の変化を求めるアファメーションを行う場合、自分に対しても同じ内容でアファメーションを行うと、より効果的で早く変化が現れます。

 

同様に片思いの相手に自分を好きになってくれるよう働きかけたいのなら

「私、○○は、△△への愛情に溢れ、幸せな時間を共有している。私、○○の大好きな△△も、○○への愛情に溢れ、幸せな時間を共有している。」

※○○、△△には氏名を入れて下さい。

 

このように、ミラーニューロンを利用したアファメーションを行うことで、霊能力がなくても、超能力が使えなくても、相手の潜在意識に働きかけるのと同じような効果が現れます。

 

ただし、アファメーションは最低3ヶ月以上は毎日欠かさず続けて頂くことが必要です。理由はお馴染みの”ホメオスタシス”の壁を乗り越えるためです。

 

3ヶ月以上も続ける自信が無い・・・という方もいらっしゃるかと思います。

アファメーションより、もっと早く もっと大きく 相手の心理的変化を起こしたいのであれば、ぜひ私共のヒーリングをご利用下さい。

 

私共のヒーリングは、相手の潜在意識の奥底まで働きかけることが出来ます。

 

 

一つ前の記事へ  次の記事へ