· 

カルマの創造と解消

カルマ という言葉を 聞いたことがありますか?

 

カルマというのは 人と人が関わる時に 双方の間に発生する エネルギーのことです。

例えば あなたが誰かに 悪言を投げつければ、あなたとその人物の間に『悪言』 というエネルギーが生まれます。

これがカルマです。

悪言のエネルギーを 生み出したあなたは、今度は反対に誰かから悪言を言われてカルマが解消されます。

 

ではこれとは逆に あなたが人助けをしたらどうでしょう?
誰かを助けたあなたと、助けられたその人物の間に『人助け』というエネルギーが生まれます。

人を助けたあなたは、今度は反対に誰かに助けられてカルマが解消されます。

 

『因果応報』という言葉をイメージして頂くと分かりやすいかもしれません。

 

自分の能動的(自分発進)な行為は、良いことも悪いことも 巡り巡って 必ず自分のところに返ってきます。
カルマは普通に社会で人と関わって生きていれば 必ず生まれるもので、カルマを創ること自体が決して悪いわけではありません。

輪廻転生を繰り返す中で、私たちは前世でのカルマを今世で解消し、今世で創ったカルマを来世で解消する。

『カルマを創り』『カルマを解消する』ことを 繰り返すことが、この世界を存続させるエンジンのような働きをしているのです。

 

つまり、今世であなたが一つもカルマを創らなかったら?

あなたは、カルマを解消する為に、来世で転生する意味が無くなってしまいます。

カルマ解消で忙しくなるほど多くのカルマを積極的に創らずとも、カルマを創ることを『悪』として捉える必要はないということです。

 

そして、輪廻を重ねるうちに 徐々にカルマを創る行為も 解消する行為も終りを迎え、”悟り” や ”覚醒” と言った状態に向かって行きます。悟りや覚醒へ向かう人達が 人里離れた山奥の寺院などに住み、できる限り他人と 関わらない生活をしている理由は 、『人と関わってカルマを生み出さないようにする為』なのです。

 

カルマ創造と解消のエンジンを止めた時、私達の意識は 悟りや覚醒という状態に至ることができます。

 

能動的に人と関わることを止めれば、カルマを創ることはありません。

能動的に人と関わらない為には、思考を止めればカルマの創造が止まります。

 

さてでは、カルマはどのようにして創り出されて どのようにして解消されていくのでしょう?

 

能動的に 運命の選択を行い 人と関わることで カルマは創り出されます。

受動的に 避けることのできない 宿命的な出来事を通して カルマは解消されます。

 

例えば

 

★『美味しい果物を頂いたから、○○さんにお裾分けしてあげよう』

 

美味しい果物を頂く → 受動的な出来事=カルマ解消

お裾分けする → 能動的な行為=カルマ創造 → お裾分けされる(受動的な出来事=カルマ解消)

 

 

★『店員の態度に腹が立ったから、クレームをつけてやる』

 

店員に悪態をつかれた → 受動的な出来事=カルマ解消

クレームをつける → 能動的な行為=カルマ創造 → クレームをつけられる(受動的な出来事=カルマ解消)

 

 

このように、人間は自分の意志(顕在意識)で 能動的にカルマを創り、その結果 必然的に起こる出来事によって 受動的に(潜在意識のアレンジ) カルマを解消しなければならない事態 に陥っています。


不運や苦難など 辛い体験をすると 誰でも 「なんで私ばかり?」 と悲観的になりますが、その原因を創り出しているのは 常に自分自身なのです。

 

 

もしもあなたが 不運や苦難の少ない人生を 送りたいのであれば それは簡単なことです。

自分の頭で考えた決断を元に 運命の選択を行うことを止め、潜在意識がアレンジする 自然な流れに人生を任せて、宿命的な出来事を乗り越えていくと、新たなカルマが創り出されることはなく 今あるカルマが解消されて行き、人生がどんどん楽しく幸せなものになっていきます。


考える生物である人間は いつも

「右が良いか?左が良いか?」 と運命の選択をしてしまいます。

 

その理由はとても単純です。

 

私達が未来を知らないから

 

未来を知らない私たちは

「今日は雨が降るかな?」

「このまま今の会社で働いていて将来は大丈夫かな?」

「この人と結婚して幸せになれるかな?」

というように 常に未来への不安を感じて 人生の解決策を探し求め、自分の考えを元に 運命の選択を繰り返しています。

 

雨が降ることを知っていれば 考えずに傘を持って出かけますし、将来今の会社で認められ給料も上がり 成功すると知っていれば 転職など考えません。

今の恋人と結婚して、生涯 愛しあい 支え合い 幸せだった…と死ねるなら、何の迷いもなく結婚をするでしょう。

 

このように 未来を知らないことから不安になり、それが原因で運命の選択を繰り返します。

運命の選択を繰り返す原因である 『不安』 を克服するためには、未来を知っている潜在意識を活性化させ 心の声(第六感) のボリュームを上げることです。
あなたの頭が考え出す不安よりも 心の声が大きければ、あなたは超能力の予知と同じように 未来を感じることができ、不要な運命の選択を避けることで カルマを創らずに人生を送ることができます。

カルマの解消を考える際に 気を付けたいことが一つあります。

自分で創り出したカルマの解消を 他人が行うことはできない。ということを知らずにいると、カ ルマを解消するつもりで利用した ヒーリングや霊能ワークによって 逆に不要なカルマを 創り出 してしまうこともあります。

 

時々「カルマ解消の霊能ワーク」「カルマが消えるヒーリング」 と謳っているものがありますが、自分で創り出したカルマは 他人が解消することはできません。カルマは 必ず自分で解消する 必要があるのです。

 

自分のカルマを他人が解消できるのであれば、私達は 「カルマを創りカルマを解消する」 という人生の目的を失い、カルマ解消のシステムである 輪廻転生は消滅して無くなってしまうことになります。

ですが、人間が人生の目的を失うことはなく また輪廻転生も続いていることからも お分かりいただけるように、あなたのカルマ解消を 他人が代行することはできないのです。

カルマを解消するという ヒーリングや霊能ワークを利用して、逆に自分と霊能者の間に カルマを創り出してしまい 人生がどんどん大変なものになっている、と言う人が沢山いますので どうかご注意ください。

 

カルマは必ずしも悪いものではありません。

ただ、必要以上にカルマを増やすと カルマ解消に忙しい日々になってしまいます。

私達人間の人生の目標は 何なのでしょうか? 宿命的な見地からみれば 良いカルマも悪いカルマも 人生や輪廻転生を引き伸ばすもので 『魂の目的地からは遠ざかる行い』 だということになります。